ライフスタイル

降水量1mmってどれくらい?体感的な目安を分かりやすくまとめたよ

こんにちは!あやぐちです。

天気予報の降水量1mmって、実際どれくらいの雨なのかイメージしずらいですよね!

この記事では、降水量1mmやそれ以上だと体感的にどれくらいなのか?イメージしやすいように具体的にまとめてみました!

降水量

降水量は、1時間に溜まった水の深さをmmで表していて、降水量1mmとは、1時間で水が1mm溜まったということらしい!分かりづらい(ノД`)

降水量0〜0.9m

  • 霧雨〜パラパラの雨
  • 傘をささない人もいる

降水量1mm

  • 傘がない人は小走りになる
  • 地面が濡れて色が変わり雨が降っていると分かる
  • 朝から降っていたら運動会や遠足が中止になるか微妙なレベル

降水量2mm

  • ザーッと本格的に降るレベル
  • ほとんどの人が傘をさす
  • 屋外のスポーツが中止になる

降水量5mm

  • 出かけるのをためらうほどの強い雨
  • 傘をさしていても足元が濡れる
  • 水たまりができる



降水量10mm

  • 超雨降ってる!というレベル
  • 地面一面に水たまりができる
  • 雨の音で話し声が聞き取りにくい

降水量20mm

  • 気象庁から大雨注意報が出るレベル
  • 傘をさしていても濡れる
  • 車のワイパーを早くしていても見えにくい

降水量30〜50mm

  • 気象庁から大雨警報が出るレベル
  • 道路が川みたいになる
  • 外出は危険

降水量50〜80mm

  • 滝のように降る
  • 傘は全く役に立たない
  • 水しぶきで辺り一面白っぽく見える

降水量80mm〜

  • 息苦しくなるような圧迫感がある
  • 見ているだけで恐怖を覚える
  • 大規模な災害が発生する恐れがある

降水量まとめ

この前キャンプをしたのですが、日にちを決めるときに天気予報で降水量2mmと出ていて、大丈夫そうじゃない?と思って調べてみたら、2mmは普通の雨だということが分かり。

傘なしでお出かけできる境界線は1mm以下と言えそうですね!

お出かけの予定を立てるときなどの参考になれば!(´∀`)